Time for another journey

アラサー♀のリーマンパッカーです。主に旅の備忘録です。

ラルンガル・ゴンパ②(2016年GW) 

いよいよラルンガル・ゴンパへ

 

まずは、帰りのバスのチケットを入手。

色達バスターミナルで、帰りのバスのチケットを入手。チケット窓口が開くのは9:00からと聞いてましたが、8:15すぎに行ったら開いてました。それでも先客が一組。早めに行った方がいいかも。私は2日後のチケットが欲しかったので、

「后天 色達〜成都(=明後日、色達〜成都) とメモに書いて、窓口のおばちゃんに見せたらあっさり購入できました。(207元)

集合時間・出発時間をしつこく筆談で確認。親切に教えてくださいました。

 

 

乗り合いタクシーは町の中心にある広場ですぐに見つかります。でも車が満車になるまで、なかなか出発しません・・・

 

 

ラルンガルでの宿確保

ラルンガルにあるホテルは、山の頂上。大きい建物なので分かりやすいと思います。乗り合いタクシーで目の前までは行けません。重い荷物を持って階段をひたすら登るのが、めちゃくちゃしんどかった・・・

 

 

10:30頃にチェックインできました。(チェックアウトは12時)

ラルン賓館のドミトリーはお風呂なし、一泊50元でした。フロントの若いお姉さんは噂どおり美人でした!

 

 

いよいよ街歩き

 

マニ車

 

ラルンガルの町一望

 

鳥葬に行く

ラルンガルから乗り合いタクシーで鳥葬へ。中国語では天葬台と言います。14時からと聞いていたので、12:30頃にタクシー乗り場へ行きましたが、同乗者が全然見つからない・・・

やっと天葬台へたどり着いたと思ったら、ものすごい人!

ベストな位置で鳥葬を見ようと思うなら、結構早めに行った方がいいかも。中国国内の連休と重なってたから混んでたのかな。

山の上の方まで人が。

どこからか、鳥たちが集まってきます。

鳥葬が始まるまでは、中国人とのポジション争いですww あわよくば前に行ってやろうという精神が必要です。じゃないと自分のスペースが無くなっちゃいます。

 

日によって開始時間が変わるのか、この日の鳥葬は15時から始まりましたが、

結果、ほとんど見えませんでした。

人が少なくなった後、近くに寄ってみましたが、ニオイがすごかった。これだけで結構ショックでした。

 

そして、天葬台は結構観光地っぽかったです。

オブジェみたいなのいっぱいありました。

 

 

広場では何やら修行中。

 

 

夕方も綺麗でした。

 

朝晩はやっぱり寒い・・・

ヒートテック2枚重ね、セーター、ダウンと着込みました。寝るときは、電気毛布があるので暖かかったです。